THK株式会社は「経営理念・THKグループ環境基本方針」を定めています。

---経営理念---

「世にない新しいものを提案し、世に新しい風を吹き込み、豊かな社会作りに貢献する」

THKは、「世にない新しいものを提案し、世に新しい風を吹き込み、豊かな社会作りに貢献する」との経営理念のもと、独創的な発想と独自の技術により、世にない新しいメカニズムを提案してゆく創造開発型企業であり、たゆまぬ研究開発に支えられたこの姿勢こそTHKの事業基盤であると言えます。
そのような中、THKはLMガイドをはじめとしたTHK製品をお使い頂くことにより、世界中のお客様の発展と豊かな社会作りに寄与すべく、「グローバル展開」と「新規分野への展開」、「ビジネススタイルの変革」の3つを成長戦略の柱として掲げ、ビジネス領域の拡大を図っております。

■社名について
THKの名前の由来はタフネス「 Toughness」、ハイクオリティ「 High Quality」、ノウハウ「 Know-how」の頭文字を取ったものです。
その3つの理念を技術・製品に活かし、社会と産業に貢献して行きたいと考えています。

---THKグループ環境基本方針---

THKグループは、機械要素部品のメーカーとして世界に先駆けて開発した『直動システム』等を通じて社会・経済生活に貢献するとともに、地球環境を健全な状態で次世代に引き継いでいくことは企業の社会的責務であるとの認識に立って、環境負荷の継続的な低減と自然環境の維持・改善を図るために次の活動を推進します。

1.環境の保全を経営の最重要課題の一つに位置づけ、当グループの事業活動および製品やサービスが環境に与える影響を的確に把握することに努めつつ、適切な環境目標を設定して全部門で取り組みます。
2.環境に関する法令等を遵守し、グループ内の自主基準を制定するとともに、適宜その見直しを実施して、環境経営の効率性と効果の向上を図ります。
3.環境負荷の低減に貢献する製品の開発を継続的に推進します。
4.事業活動に伴うエネルギー使用を削減し、エネルギー原単位の低減および温暖化ガスの排出削減を継続的に推進します。
5.製造部門での廃棄物の削減・再利用などを中心に、省資源化・リサイクル化の施策を継続的に推進するとともに、汚染の予防に努めます。
6.当グループが一体となった環境活動を展開するために、関連会社および協力会社などに対して指導・支援を実施するとともに、地域社会との協調と連携に努めます。
7.この環境基本方針は、教育・訓練および意識向上活動などによりグループ全部門に周知するとともに、環境に関する情報のグループ内外への適時開示を推進します。

〇上記情報の取得元
http://www.thk.com/?q=jp/node/6693
http://www.thk.com/?q=jp/node/6684
http://www.thk.com/?q=jp/node/6702

---THK株式会社 基本情報---

・設立年
 ・1971年(昭和46年)4月
・従業員数 
 ・3,429名 / 連結会社合計 11,738名(平成29年3月31日現在)
・代表 
・代表取締役社長 寺町 彰博
・本社所在地
 ・〒141-8503 東京都品川区西五反田三丁目11番6号
・上場市場 東証1部
・業界区分
 ・機械

〇上記情報の取得元
http://www.thk.com/?q=jp/node/6694
https://ja.wikipedia.org/wiki/THK_(%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC)