安藤・間は、ダム、トンネル等大型土木に定評ある名門です。

—企業理念—
1.ものづくりを通して、社会の発展に寄与します
2.確かな技術と情熱で、お客様満足を追求します
3.新たな価値を創造し、豊かな未来を実現します。

—行動規範—
第1 社会的使命の達成
1.健全な企業体質の確立
すべての法令および国際ルールについて遵守を徹底し、社会を構成する一員であることの自覚と責任を持って行動する。
2/顧客の満足と信頼獲得
顧客のニーズに応えた価値ある建物・構造物の建設等を通して、顧客の満足と信頼を獲得し、維持する。
3.社会の要請に応えた事業活動の推進
積極的な技術開発と品質向上に努め、誠実な事業活動の推進を通じて社会の要請に応える。
4.人を大切にする企業の実現
差別や不当な取り扱いを行わず、人を大切にする企業を目指し、安全で衛生的な働きやすい労働環境を創出する。
5.自然災害への対応
大地震等の自然災害発生時には、被災地域の復旧支援活動を組織的かつ迅速に展開する。
第2 公正で誠実な企業活動の推進
1.公正な競争の推進
競争法関連の諸法令および国際ルールを遵守し、公正な入札を阻害しない。
2.適正な取引体制の構築
関連する諸法令および国際ルールを遵守し、協力会社との適正取引を徹底する。
3.政治・行政との健全な関係
事業活動において、公務員およびその関係者・団体等との間で、透明かつ適正な関係を維持する。
4.反社会的勢力との関係遮断
反社会的行為には一切関与せず、不当要求には毅然と対応し、反社会的勢力との関係遮断を徹底する。
5.透明性のある会計記録の維持と適時適切な企業情報の開示
(1)一般に公正妥当と認められる基準に従った会計処理により企業会計の健全化を図り、取引を正確かつ適正に反映させた帳簿および記録を維持する。
(2)適正な財務処理による企業会計の透明化、健全化を図り、ステークホルダーに企業情報を適時適切に開示する。
第3 情報と知的財産の管理
情報管理の徹底
1.業務上知りえた個人情報、顧客情報および機密情報を適正に保護・管理し、目的外の使用ならびに情報を漏洩しない。
2.知的財産の保護
第三者の知的財産を侵害せず、会社が保有する知的財産を適正に保護・管理する。
第4 社会との共生
1.地域社会との調和
企業は社会の一員であることを深く認識し、地域社会との調和を図り、地域の発展に貢献する。
2.より豊かな環境づくり
環境保全に配慮した事業活動を通して、より豊かな環境づくりに貢献する。
3.各国・地域への貢献
各国・地域の法令、人権、文化や慣習および国際ルールを尊重し、その発展に貢献する。

(参考)企業理念・行動規範 |株式会社 安藤・間|

—株式会社 安藤・間基本情報—
・設立年
 ・2003年10月1日
・従業員数
 ・3,424人(2015年4月1日現在)
・代表
 ・代表取締役社長
野村 俊明⇒ 野村 俊明さんの経歴を調べる!
・本社所在地
 ・東京都港区赤坂六丁目1番20号