株式会社ブルボンは、「経営理念・行動規範・行動指針」を定めています。

---経営理念---

「利害相反する人を含めて、集団の生存性を高める」

ブルボングループを取り巻く7媒体(消費者、流通、国・県・市町村、
株主、金融機関、取引先、従業員)を含めて、集団の生存性を
高めるという考え方です。

■企業四前提

・社会変動を前提とする
社会の変動に対応するには。社外の最悪事態に備えるには。

・顧客の要望に応える
変動する顧客の要望に応えるには。

・同業競争に勝つ
激化する業界競争に勝ち抜くには。

・迅速に体制を変える
自集団を前提変動に密着させ速やかに変えさせるためには。

■事業十目標

1.革新累積目標
2.市場地位目標
3.収益性目標
4.付加価値生産性目標
5.物的資源の確保目標
6.財務資産管理目標
7.資本の調達目標
8.経営担当者の能力と育成目標
9.従業員の能力と態度目標
10. 社会的責任目標

■発展八訓

1.仕事を通じて社会に奉仕すること
2.仕事を自己形成の場にすること
3.和して同ぜざること
4.知識・体験を体系化すること
5.虚飾を去り、実をとること
6.独創性を発揮すること
7.積極開拓的であること
8.有言実行すること

---行動規範 -基本方針- ---
 
■顧客満足の追求

品質保証第一主義に徹することで、顧客の要望に対応し、
顧客を満足させる安全・安心・健康な商品・サービスを
安定して提供し続けます。

I. 安全な食品とサービスを安定して提供します。
II.顧客の満足と安心が得られるように最大限の努カをし続けます。

■社会への貢献、CSR活動の積極推進

社会の一員として役割と責務を果たすよう正しく行動し、
社会の期待に応じ、貢献活動を推進します。

III.七媒体と「響働」する企業活動を目指します。
IV. 環境問題に積極的、自主的に取り組みます。
V. 良き「企業市民」として積極的に社会貢献活動、CSR活動を行います。

■コンプライアンスの遵守と国際社会ルールへの適応

関係法令、社内外の規則やルールおよび社会規範を遵守し、
法的責任と倫理的責任のある企業行動に努めます。

VI. 法令を遵守し社会的倫理に則った企業活動を進めます。
VII.国際社会の一員として行動し、関係地域の発展に努めます。

■人間尊重

社員は個人として尊重され、業務遂行に際し人間としての尊厳と
価値が認められ、「学」、「労」、「兪」:高い志と、
心の健全性をバランスさせた自己形成に取り組める職場環境を築きます。

VIII.安全で働きやすい環境の確保に努めます。

---行動指針---

Ⅰ.安全な食品とサービスを安定して提供します。
Ⅱ.顧客の満足と安心が得られるように最大限の努力をし続けます。
Ⅲ.七媒体=株主、従業員、国・県・市町村、金融、取引先、消費者、
流通と「響働」する企業活動を目指します。
Ⅳ.環境問題に積極的、自主的に取り組みます。
Ⅴ.良き「企業市民」として積極的に社会貢献活動、CSR活動を行います。
Ⅵ.法令を遵守し社会的倫理に則った企業活動を進めます。
Ⅶ.国際社会の一員として行動し、関係地域の発展に努めます。
Ⅷ.安全で働きやすい環境の確保に努めます。

〇上記情報の取得元
http://www.bourbon.co.jp/company/about/indicator.html

---株式会社ブルボン 基本情報---

・設立年
 ・1924年(大正13年)11月
・従業員数 
 ・約4,900名(ブルボングループ計、臨時・パートを含む)
・代表 
・代表取締役社長 吉田 康 ⇒ 吉田 康社長の経歴を調べる!
 *株式会社ブルボンの役員一覧、経歴、卒業生を調べる
・本社所在地
 ・〒945-8611 新潟県柏崎市駅前1丁目3番1号 
・上場市場 東証2部
・業界区分
 ・食料品

〇上記情報の取得元
http://www.bourbon.co.jp/company/about/gaiyou.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%B3