アイサンテクノロジー株式会社は「行動指針」として
・社是
・基本姿勢
を定めています。

---社是---

「知恵、それは無限の財産」
「実行、知恵は実行して実を結ぶ」
「貢献、実を結んで社会に貢献」

---基本姿勢---

当社は創業以来、「社是・経営理念」のもと、事業活動を通じて社会から信頼される企業であることを目指してきました。
企業の社会的責任という考え方は、当社にとって特別なものではなく、創業以来取り組んできた企業活動そのものと認識しています。
当社は、「社是・経営理念」の精神に則り、CSR活動を進めています。
この基本的な考え方のもと、コーポレート・ガバナンス、コンプライアンス体制を整えるとともに、当社の主要ステークホルダーとのコミュニケーションを通じて、社会の変化に合わせた企業活動を推進し、持続可能な社会の実現を目指しています。

■社員と共に

当社は社員一人ひとりの個性と意欲を尊重し、社員とともに成長していく企業をめざしています。
そのために公正で働きやすく、健康と安全に配慮した職場環境の整備に努めています。また、社員の健康づくりや能力開発を支援するさまざまな施策を展開しています。

この行動計画を進める中で、フレックスタイム勤務等柔軟な働き方も促進してきました。
現在、育児休業取得率は女性で100%、男性も昨年度は1名取得と着実に歩みを進めています。
単に制度を導入するだけでなく、実際に社員が活用できる企業風土づくりに力を入れてきた成果だと考えています。

・人材育成

社員の成長は当社の成長に欠くことのできないものです。
一人ひとりの能力開発を最大限に支援し、全員精鋭をめざしています。

その一環といたしまして2010年7月より資格制度を導入いたしました。

・育児制度

当社では、社員が仕事と生活の両立を重視しながら成果を生み出せるように、働きやすい環境の整備を進めています。

■制度内容

・FA制度
自己申告を受けた職種変更も可能とします。

・業務委託契約
子育て等で退職後、業務を委託するという形式で仕事を依頼する制度です。

・カムバック制度(再雇用制度)
子育て等で退職後、契約社員として復帰可能とする。

・在宅勤務制度
子育て等で会社通勤が困難な場合、在宅勤務にて就業可能とします。

・フレックスタイム制度
1か月以内の一定期間内において一定時間労働することを条件として、1日の始業・終業時刻を社員が自由に決定することができる制度です。

・配偶者出産休暇(男性社員)
特別有給休暇を2日間取得できます。

・出産祝金制度
誕生した子供1人につき2万円支給されます。

・短時間勤務制度
職場復帰から子供が小学校に入学するまで、短時間勤務の制度を利用することができます。

・育児休暇
子供が小学校を卒業するまで、年次有給休暇とは別に1年に5日まで病気やケガをした子の看病の為、子供の学校行事への参加等の利用を目的に休暇を取得することができます。

■株主・投資家の皆様と共に

・IR活動の目的と基本姿勢

常に誠意ある態度で臨むことを第一に考えて、IR活動に取り組んでいます。
また、当社の事業活動、財務状況等に関する正確な情報を公平かつ適時・適切に提供し、その内容を的確に理解して頂くよう努めることで、投資家の皆様からの信頼と正当な評価を得ることを目指します。

・積極的な情報開示とコミュニケーション

株主の皆様へ「ビジネスレポート」をお届けし、業績のご報告や新製品のご紹介などをすることでコミュニケーション強化に努めています。それ以外にも株主通信「アイサンスピリッツ」を随時発行し公平かつ、迅速な情報をお届けしています。

・情報提供ツールの充実

多くの投資家の皆様に 、迅速かつ公平に情報をお届けするために、ホームペーシの「株主・投資家情報」コーナーの充実に努めています。
「IR資料室」コーナーには、財務データや経営戦略、決算短信、有価証券報告書、ビジネスレポート」、決算説明会の資料など豊富な情報を掲載しています。
また、「個人投資家のみなさまへ」コーナーでは、当社の事業内容や業績などについて、概要を説明しています。
さらに、当社にご興味を持っていただいている投資家の皆様にタイムリーにホームページの情報にアクセスしていただくために、更新情報をお知らせするIRメール配信サービスも行っています。

・IRイベントの実施

個人投資家の皆様への会社説明会も毎年実施しており、会社の事業内容・戦略のご説明だけでなく、環境対応や社会貢献活動など幅広く情報をお伝えしています。

・業績予想について

当社では、当社の発行する資料や当ホームページにて、将来の見通しに関する情報を提供する場合があります。
これら歴史的事実以外の情報は、当社が属する業界の競争、市場、諸制度にかかるリスクや不確実性による影響を受ける可能性があります。
その結果、当社がその時点で把握可能な情報から判断した仮定および推測に基づく見込みは、将来における実際の成果および業績とは異なる場合があり得ることを、ご了承ください。

・沈黙期間について

当社では、決算発表準備期間中に、株価に影響のある情報の漏洩防止のため、中間・期末ならびに四半期決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。
この期間は、決算に関するコメント等を控えさせて頂くと共に、アナリスト向け会社説明会の開催は行いませんので、予めご了承ください。
ただし、沈黙期間中に既発表の予想が大きく外れる見込みが出てきた場合には、適宜、情報開示を行うこととしています。

・情報開示の基準ならびに方法

当社は、金融商品取引法ならびに株式会社大阪証券取引所の定める「上場有価証券の発行者による会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」という)に沿って情報開示を行っています。
適時開示規則に該当する情報については、同規則に従い、適時開示情報伝達システム(TDnet)にて開示しています。
また、適時開示規則に該当しない情報についても、当社の事業活動等を投資家の皆様にご理解頂くために、記者クラブ等へのプレスリリースにて、出来る限り積極的かつ公平に開示する方針であります。
開示情報については、速やかに当ホームページに掲載することとしています。
ただし、情報通信技術上の障害等により、掲載時期が遅れることもあります。

■お客様・取引先様と共に

1. 対話を大切にします。

お客様・取引先様の声を真摯にお聴きし、商品・サービスに反映いたします。
品質に関する情報の収集に努めるとともに、正確でわかりやすい情報を提供いたします。

2. 安全と機能を徹底的に追求します。

安全性の徹底追求と、機能性の向上に積極的に取り組みます。

3. 地球環境に配慮します。

製品・サービスの地球環境への影響を減少させ、「持続可能な社会の創造」を目指します。

4. 法令等を遵守します。

関連法令及び社内規程類を遵守し、品質保証活動を向上します。

5. 新鮮な驚きのある商品・サービスを提供します。

魅力的品質の創造にたゆまず取り組み、お客様満足の向上に努めます。

■体制整備

情報の一元化

製品やサービスにともなう不具合、製品でのトラブルに基づく問い合わせなど、すべての情報は集約され、一元管理・対応を行っています。

対応の迅速化をめざして

お客様センターに届いたトラブル情報は、重要度別に層別し、速やかに対応(正確な情報提供、製品事故報告対応など)を行っています。

■災害対策ポリシー

当社では、製品のユーザ様が被災された場合や災害復旧の緊急業務でシステムが不足し業務に支障が出るような場合は速やかにサポートをする体制を整えております。

〇上記情報の取得元
http://www.aisantec.co.jp/company/corporate-governance.html
http://www.aisantec.co.jp/company/company-employee.html
http://www.aisantec.co.jp/company/company-stockholder.html
http://www.aisantec.co.jp/company/company-customers.html

---アイサンテクノロジー株式会社 基本情報---

・設立年
 ・1970年(昭和45年)8月
・従業員数 
 ・107名(男性 83名 女性 24名 平成29年3月31日現在)
・代表 
・代表取締役社長 柳澤 哲二 ⇒ 柳澤 哲二社長の経歴を調べる!
 *アイサンテクノロジー株式会社の役員一覧、経歴、卒業生を調べる
・本社所在地
 ・〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦三丁目7番14号
        ATビル
・上場市場 東証JASDAQスタンダード
・業界区分
 ・情報・通信

〇上記情報の取得元
http://www.aisantec.co.jp/company/profile.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC